1月に行ったライブ(2015年1月)

1月7日 うしろシティのライブ (新宿角座
1月11日 ORIENTAL RADIO SPECIAL LIVE (ヨシモト∞ホール
1月13日 徳井と綾部の漂流日記ヨシモト∞ホール)⇒感想記事
1月15日 オーギリーヘップバーンvsオギリ旬 (新宿角座
1月16日 渋谷コントセンター (ユーロライブ)
1月18日 かもめんたる単独ライブ抜旗根生 (シアターモリエール
1月24日 彩〜irodori〜East Live (ヨシモト∞ホール
1月25日 ウルトラC vol.100 (新宿バティオス)⇒感想記事
1月28日 事務所対抗ライブ2015 松竹芸能VSアッシュ&ディ (新宿角座
1月28日 New York Jam Session (ヨシモト∞ホール
1月31日 シソンヌライブ trois (赤坂レッドシアター)

うしろシティのライブは、1月から開演時間が19時30分になり、とても嬉しい。2月もこの時間のようだ。トーク・企画・ネタ・一ヶ月の仕事レビューが盛り込まれたライブ。ネタをオムニバス形式にしていて、同じシチュエーションの「病院」と「電車」のコントを各3本ずつまとめてやっていた。「電車」の括りの中でやっていた、電車で遠くに行く友達を見送るとき、電車を追いかけながら話す奴がずっと電車と並走していたら…みたいなコントが面白かった。舞台上では走っている体裁の演技なのだけど、すごく臨場感があった。金子さんはすごく芸達者だと思う。企画の一つは、曲のサビにあわせてドラマのクライマックスシーンがくるように即興コントをしようというもの。コントのお題はランダムで決められる。即興コントに興味を持った。曲のサビに合わせてクライマックスを持ってくる、という縛りがあったので、尺に自由度があんまりなかったけど、もうしばらくいい調子になるまで見ていたかった。

オリエンタルラジオのORIENTAL RADIO SPECIAL LIVEは1月から渋谷の∞ホールになった。去年からやると言っていた歌とダンスのフルバージョンが最後に披露された。中田さんのプレゼンはNSC入学志望者に対してNSCのプレゼンをするとしたら…という内容。前説は「ひので」というコンビ。コントを披露していた。時を止められる少女ウォチ子のコント。面白かった。以前も前説でコントを披露していたけれど、漫画のようなポップで明るいコントが持ち味なのかなと思う。オリラジの二人がこのコンビを気に入っている様子で、ライブ中5分ほど彼らのコーナーがある。ひのでは溌剌としていて気持ちのいいコンビ。中田さん(だったと思う)が、「普通に働いていてもしっかり成功しそう」と言っていたけれど、本当にそうだと思った。

オーギリーヘップバーンvsオギリ旬では、トムソーヤというコンビを初めて見た。コンビ二人とも大喜利が面白かった。

彩〜irodori〜East Liveには、はじめて行った。オサレもんで面白くて気になっていた相席スタートを見た。だんだん好きになってきている。企画のコーナーで「相方にムカついていること」というテーマで喋っている相席スタートを見たけど、漫才やコントでの二人の関係性(恋人ではないけど一応異性同士ではある感じ)を崩さない雰囲気が良かった。ジャングルポケットも初めてライブで見た。おたけさんの天衣無縫というか好き勝手な感じが面白かった。

事務所対抗ライブ2015 松竹芸能VSアッシュ&ディも和気藹々としていて楽しいライブだった。出演者はうしろシティピーマンズスタンダード三日月マンハッタン、トムソーヤ、ザ・ギース、ラブレターズ阿佐ヶ谷姉妹、シンボルタワーで、各組ネタを披露。企画のコーナーは、松竹芸能とアッシュ&ディでペアを組んで、ひとつの大喜利に答える「アベック大喜利」というもの。例えば、1問目はツンデレの台詞「あんた○○だけど、○○ね」で、の○○の部分をペアでそれぞれ互いの回答は見ずに埋めて、一つの答えを完成させる。THE GEESEの尾関さんとトムソーヤの石塚さんのペアが面白かった。この1問目に対し、「あんた千葉県松戸市民(尾関)だけど、バナナコンポーティ(石塚)ね」という回答を出して、「バナナコンポーティとは…」と周囲を騒然とさせていた。1問目の不思議な回答に、尾関さんが石塚さんの大喜利力を疑い、先の展開を危惧する様子がみられた。2問目は、かっこいい映画のタイトル「荒野の○○ 〜○○を奪い取れ〜」で、尾関石塚ペアは「荒野の肺魚(尾関) 〜長男の親権(石塚)を奪い取れ〜」という回答。1問目から一転したしっかりめの回答の石塚さんに、尾関「コレ(長男の親権)書ける人がバナナコンポーティって何?」と、翻弄されている様子が面白かった。松竹芸能大喜利ライブ「オーギリーヘップバーンvsオギリ旬」でも石塚さんは面白かったので、彼の大喜利力に興味が止まらない。次回は人力舎との対抗ライブのようだ。

かもめんたるとシソンヌの単独ライブについてはまた別にまとめて書きたい。