読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月に行ったライブ 前半(2015年5月1日〜15日)

5月1日 THE GEESE 第9回単独ライブ「ロイヤルストレートフラッシュバック」(SPACE雑遊)⇒感想記事
5月3日 ひので単独イベント「めでたいやつら」(ヨシモト∞ホール
5月8日 フライデーナイトライブ(関交協ハーモニックホール)
5月9日 ワラインプロ11(新宿V-1)
5月10日 マッハスピード豪速球単独ライブ マッハ2(座・高円寺2)
5月12日 ラブレターズ単独ライブ「COSMO」(萬劇場)
5月13日 ロビンソンズのライブ〜そのに〜(新宿バッシュ!!)


今月は行きたいライブがたくさんあったので前半・後半に分けました。感想は書きたいものだけ書いています。

ひので単独イベント「めでたいやつら」

ひのでのライブ。「ひので」は、東京NSC18期生(2012年入学)で、オリエンタルラジオの月イチライブ「ORIENTAL RADIO SPECIAL LIVE」の前説を毎回行っているので知ったコンビ。前説でのコントが面白く、また、とても爽やかで前向きな印象だったので、ライブに行ってみた。とても明るく、観客を全力で楽しませてくれる雰囲気がある二人。これまで観たコントでは、「時を止められる少女ウォチ子」という漫画のような雰囲気のコントが特に面白くて印象に残っていた。今回のライブでは、二子玉川で新歓バーベキューをする大学生のコントが面白かった。ひのでは、社会性もタレント性も高そうだ。社会性とタレント性は、経験によって高められるものだと思っているのだけど(社会性は、集団内でのコミュニケーションのうまさ、他者との折り合いをつけること、だと思うし、タレント性は、他人に観られることを意識した振る舞い方のうまさだと思う。他者とどうかかわるか、は経験によってある程度身につくものだ、と私は思う。)、よしもとの芸人さんは、芸歴が浅くても社会性とタレント性を備えているコンビが結構いる。彩〜irodori〜Eastという、観客からどう観られるかを意識せざるを得ないランキングシステムがあるからだろうか、気になっている。

フライデーナイトライブ

オフィス北野のライブ。オフィス北野は個性を尊重した事務所だと思う。このことは、先日記事にしました。⇒( オフィス北野の若手層への興味が止まらない - KBLOG )大収穫があった。二つも。一つ目は、チャレンジコーナーで初めて観た、ランジャタイというコンビ。ブログや、Twitterなどで、面白いという噂を聞いていたので、どんな漫才なのかと気になっていた。実際観て、ものすごく面白かった。何がどう面白かったのか表現できないけど、他にない個性があり、このコンビでなければだめだというような強力な魅力があった。もう一度観たい。もう一つは、オフィス北野への所属をかけた「公開審査会」で初めて観た、シルキーラインというコンビ。観客の賛同を8割以上集めなければ、事務所に所属できないという審査会で、4組が挑戦し、4組とも無事、所属となった。挑戦したのは、がじゅまる、昨日のカレーを温めて、シルキーライン、かっぽんかっぽん。シルキーラインはコントをするコンビ。紹介のところで、大阪のよしもとに所属していたけれど、コントをやる場所が無くなったので上京した、ということを言っていた。大阪のお笑い事情は全く分からないけど、5upよしもとが、よしもと漫才劇場に変わったことに関係があるのだろうか。(誰か詳しく知っていたら教えてください。)名前も知らなかったコンビだけど、コントがめちゃくちゃ面白かった。「命の定員数」っていうようなコントだった。独自のルールを設定して、そのルールの中で飛躍させていく。自由な発想が楽しい。このコンビも他にない個性を感じた。他にどんなコントをするのか、とても気になる。

マッハスピード豪速球単独ライブ マッハ2

とても面白かった。コントももちろんだけど、幕間の映像がとても面白かった。前進する力のある意欲的なコンビだなと思う。今後も観て行きたいし、積極的に推したいと思った。

ラブレターズ単独ライブ「COSMO」

溜口さんの舞台上での立ち居振る舞いが面白くて、ずっと観ていたいと思う。同事務所(ASH&D)のTHE GEESEもそうだったのだけど、公演としてのまとまりがとても良かった。この事務所に所属する芸人さんは、シティボーイズが筆頭なこともあって、演劇志向なのかなと思う。こういった完成された公演を目の当たりにすると、前回はどうだったのだろうか、どういう点を改良していっているのだろうか、とその志向がとても気になってくる。時間とお金に余裕ができたら、前回公演のDVDを観てみたいと思った。余談だけどこの萬劇場に行ったのは2回目で、それは10年前だった。ひょっとこ乱舞の『今はチキンを』を観た。伊東沙保さん、チョウソンハさん、客演の板倉チヒロさんがとても魅力的な舞台だったなぁってちょっと懐かしくなった。10年も前、と二桁の年数を振り返った。